TOPICS

インターネット中継_2.jpg


「第7回日韓共同世論調査記者会見 報告」

 言論NPOと韓国のシンクタンク、東アジア研究院(EAI)は6月12日、日韓両国民を対象にした共同世論調査の結果を発表しました。都内の言論NPO事務所で行われた記者会見には、当事国の日本と韓国のみならず、米国のメディアも参加するなど、国内外から高い関心を寄せられました。      ⇒詳細はこちら

「第7回日韓共同世論調査結果」を公表しました

IMG_7744.jpg 言論NPOと韓国の東アジア研究院(EAI)は6月12日、「第7回日韓未来対話」(6月22日開催)の開催に先立ち、7回目となる「日韓共同世論調査結果」を公表しました。
 今回の調査結果からは、この一年の間に日韓関係に関わる様々な国民の認識や理解が、厳しいものになっていることが明らかになりました。 
⇒世論調査 結果をみる / ⇒プレスリリース / メディア掲載

公開フォーラム「今後の日韓関係をどう考えればいいのか」

IMG_7744.jpg 6月22日の「第7回日韓未来対話」を控えた同14日、言論NPOは日韓関係に詳しい3人の識者を招き、「今後の日韓関係をどう考えればいいのか」と題して公開フォーラムを開催しました。そもそも、なぜ日韓関係を改善しなければならないのか。本質に切り込む議論を通し、今回の対話の重要なポイントが見えてきました。
西野純也(慶應義塾大学法学部政治学科教授)      ⇒詳細はこちら
奥薗秀樹(静岡県立大学国際関係学研究科准教授)
安倍誠(ジェトロ・アジア経済研究所地域研究センター・東アジア研究グループ長)     

【座談会】「第7回日韓共同世論調査結果」をどう読み解くか

IMG_7744.jpg 言論NPOは6月12日、日韓共同世論調査結果を公表しました。今回の調査結果をどう読み解けばいいのか、日韓関係に詳しい3氏をお呼びして議論を行いました。     ⇒詳細はこちら
小倉和夫(国際交流基金顧問、元駐韓国大使)
澤田克己(毎日新聞外信部長)
塚本壮一(桜美林大学リベラルアーツ学群教授、元NHKソウル支局長)
 

「第7回日韓未来対話」開催のため緊急ご寄付のお願い

支援総額 6,600,000円
目標金額 8,000,000円
支援者数 267人+4社
達成率 82.5%
2019年6月6日現在
 現在、言論NPOは6月22日に7回目となる「日韓未来対話」を開催するために、多くの皆様からのご寄付を募っています。こうした取り組みが一部のメディアでも取り上げられ、連休中も多くの方からご寄付の連絡をいただき、5月28日時点で257人、443万円を超え、企業等の寄付を合わせると今日現在、643万円になりました。
                                ⇒ご寄付の詳細についてはこちら

注目の活動

世界25ヵ国のトップシンクタンクが評価した
「グローバルイシューに対する国際協調の通信簿」



「世界的な課題10分野に関する国際協力」の評価結果を公表

 5月7日(米国東部時間)、アメリカ・外交問題評議会(CFR)が主催し、世界25カ国の主要なシンクタンクが参加する国際シンクタンクネットワーク「カウンシル・オブ・カウンシルズ(以下、CoC)」の第8回年次総会がワシントンDCで開催され、代表の工藤泰志が参加しました。今回の総会では、2015年の開始から5回目となる2019年版のグローバルイシューに対する国際協調進展の通信簿(レポートカード)が発表されました。
   ⇒ CoCが発表した「総合評価」全文を読む    ⇒ 言論NPOによる「総合評価」全文を読む  


⇒CoCの評価結果 / ⇒言論NPOの評価原稿

⇒CoCの評価結果 / ⇒言論NPOの評価原稿

⇒CoCの評価結果 / ⇒言論NPOの評価原稿

⇒CoCの評価結果 / ⇒言論NPOの評価原稿

⇒CoCの評価結果 / ⇒言論NPOの評価原稿

⇒CoCの評価結果 / ⇒言論NPOの評価原稿

⇒CoCの評価結果

⇒CoCの評価結果 / ⇒言論NPOの評価原稿

⇒CoCの評価結果

⇒CoCの評価結果

最新記事

アクセスランキング

  1. 「第7回日韓共同世論調査」結果公表 ~日韓両国民は現在の日韓関係をどう見たか~
  2. 【座談会】「第7回日韓共同世論調査」の結果をどう読み解くか
  3. 【主要各紙】「第7回日韓共同世論調査結果」関連記事
  4. 「第7回日韓共同世論調査」記者会見 報告
  5. 「グローバルイシューに対する国際協調進展」言論NPOの評価を公表

言論NPOは挑戦する

言論NPOとは

言論NPOは多くの方のご支援や協力に支えられています

編集長工藤泰志コラム「言論の最前線から」

2019/01/13
なぜ今、日米中韓と日米で北東アジアの平和を話し合うのか

2019/01/01
2019年、不安定化する国際秩序のa中で、日本がリーダーシップを発揮するための土台作りを

ソーシャルでつながる

言論ブックショップ

未来選択:マニフェスト評価専門サイト

東京-北京フォーラム公式サイト

エクセレントNPO


ページトップに戻る