世界の課題に挑む

東京を舞台に、世界の課題解決のための広範な議論を開始する

 世界が大きく変容する中、言論NPOは、自由や民主主義、国際秩序の将来、また様々なグローバルイシューについて考えるため、価値を共有するG7各国、そしてインド、ブラジルなどを加えた10カ国の世界的シンクタンクのトップを東京に集め、日本を舞台に議論を発信する「東京会議」を2017年3月に設立しました。本会議には、外交問題評議会やチャタムハウスをはじめ、欧米・アジアの10カ国より世界を代表するシンクタンクの代表者が参加しています。このG10ともいうべき代表的なシンクタンクのトップが参加しているのは、自由な世界秩序が揺らぐ中、シンクタンクが結束して、取り組む局面にあると多くの団体が判断したからです。
 同時に、私どもは、2016年にワールド・アジェンダ・スタジオ(WAS)を立ち上げ、世界的な課題について日本国内に議論の舞台をつくり、その解決に向けて日本発の解決方法を提示してきました。地球規模課題の解決や規範に基づく新しい世界秩序やグローバル・ガバナンスの再構築に挑みながら、市民社会で幅広い支持と理解を促進することを目指しています。

ただ今、言論中

「地球規模課題への国際協力の評価2020」1/30(木)発表
―気候変動、サイバー、通商など10分野の課題解決にどう取り組むべきなのか、
                      日本の主張を世界に発信します

 言論NPOは1月30日(木)に公開フォーラムを開催し、世界的な課題10分野に対する2019年の国際協力の進展に対する評価や、2020年における解決に向けた見通しなどを明らかにした「地球規模課題への国際協力の評価2020」の結果を発表します。

 この評価は、米国の外交問題評議会が提案し、世界25カ国を代表するシンクタンクが共同で、2015年から毎年行っています。
 日本ではこれを言論NPOが担当し、日本の主張を世界の評価に反映させてきました。

 言論NPOはこれらの実績をもとに、2020年より、この評価を日本でも独自に行い、世界に公表することにしました。
 日本のシンクタンクが、地球規模課題に対する国際協力の進展を評価し、世界に公表するのは、初めての試みとなります。

 この評価の発表を記念し、1月30日(月)に記念フォーラムを開催します。
 また、それに先立つ1月22日(水)、27日(月)、28日(火)に、それぞれ気候変動、サイバー、経済・通商の重点3分野で、世界の動きを評価するための公開座談会を開催します。

 先着順となりますので、お早めにお申込みください。    ⇒ 詳細・お申し込みはこちら

「地球規模課題への国際協力の評価」発表記念フォーラム

主 催:言論NPO
日 時:2020年1月30日(木)13:30~18:00(13:00受付開始)
会 場:言論NPOオフィス国際会議室(東京都中央区湊1丁目1-12 HSB鐵砲洲1階)
参加費:無料
定員:100名

プログラム:
13:30-13:45 開会挨拶/工藤泰志(言論NPO代表)
        「地球規模課題への国際協力評価2020」発表/西村友穂(言論NPO国際部部長)
13:45-15:00 地球規模課題への国際協力評価2020結果をどう見るか
         パネリスト:岡村健司(財務省国際局長)
             塚田玉樹(外務省地球規模課題審議官)
             渡辺哲也(経済産業省大臣官房審議官(通商政策局担当))
          司会:工藤泰志(言論NPO代表)
15:10-16:30 2020年、世界の多国間主義やルールベースの秩序はどうなるか
       パネリスト:河合正弘(東京大学公共政策大学院特任教授)
             神保謙(慶應義塾大学総合政策学部教授)、他調整中
          司会:内野逸勢(株式会社大和総研金融調査部主席研究員)
16:40-17:50 世界の変動期におけるシンクタンクの役割とは
       パネリスト:飯山俊康(株式会社野村資本市場研究所取締役社長)
             大河原昭夫(日本国際交流センター理事長)
             工藤泰志(言論NPO代表)
             藤崎一郎(元駐米大使、中曽根世界平和研究所理事長)
          司会:渡邊啓貴(帝京大学法学部教授)
             藤崎一郎(元駐米大使、中曽根世界平和研究所理事長)、他調整中  

「地球規模課題」重点3分野公開座談会

主 催:言論NPO
会 場:言論NPOオフィス会議室(東京都中央区湊1丁目1-12 HSB鐵砲洲4階)
参加費:無料
定員:各30名

「2020年、私たちは気候変動問題にどう向かい合うべきか」(仮)

日   時:1月22日(水)16:30~17:30(16:00受付開始)
パネリスト:江守正多(国立環境研究所地球環境研究センター 副センター長)
      亀山康子(国立環境研究所社会環境システム研究センター 副センター長)
      藤野純一(地球環境戦略研究機関都市タスクフォースプログラムディレクター)
      他調整中
司   会:工藤泰志(言論NPO代表)

【2】「2020年、サイバー空間のガバナンスをどう考えるべきか」(仮)

日   時:1月27日(月)16:00~17:00(15:30受付開始)
パネリスト:川口貴久(東京海上日動リスクコンサルティング戦略・政治リスク研究所上席主任研究員)
      小宮山功一朗(一般社団法人JPCERTコーディネーションセンター 国際部マネージャ)
      原田有(防衛研究所政策研究部グローバル安全保障研究室主任研究官)
司   会:工藤泰志(言論NPO代表)

【3】「2020年、世界の経済システムをどう考えればいいのか」(仮)

日   時:1月28日(火)15:30~16:30(15:00受付開始)
パネリスト:河合正弘(東京大学公共政策大学院特任教授)
      中川淳司(中央学院大学現代教養学部教授)
      細川昌彦(中部大学特任教授)
司   会:工藤泰志(言論NPO代表) 
⇒ 詳細・お申し込みはこちら

世界の課題に挑むの最新記事

2019/12/23 [ サイバー・AI・新技術サイバー ]

日欧韓サイバー会議 報告

 12月9日、東京都内の国際文化会館で、言論NPOは、EUのシンクタンクである...


2019/09/05 [ G7/G20サミットG7(フランス) ]

1ページの首脳宣言はG7の「原点回帰」
-議長国フランスのピック駐日大使が明らかに

この議論を動画でみる【ハイライト編】  今年8月のG7フランスサミットで議長国を...


過去の記事一覧

カテゴリー別に記事を読む

初めての方へ

「世界の課題に挑む」の考え方、活動例

言論NPOは、世界各国が共有するグローバルな課題の解決に向け、世界の主要シンクタンクによる国際会議に参加して議論を行っています。こうしたネットワークを活用し、日本国内においても有識者と連携した議論形成を目指すと同時に、議論の内容を英語で公開し、日本の多様な意見を世界に発信しています。2016年には、国際シンポジウム「東京会議」を開催し、世界のシンクタンクと地球規模課題について議論を行います。

アクセスランキング

  1. 政治家を自分たちの「代表だと思わない」との回答が「代表だと思う」を上回る等、国民の政治不信が顕著で、特に若い層にその傾向が高まっている
  2. 言論NPOは、なぜ今、民主主義の議論に取り組むのか
  3. 日本は政治と有権者とのつながりを再構築するため、さらなる政治改革を始めるべき局面
  4. 目指すべき日本の代表制民主主義の姿を明らかにし、「正統性」と「実効性」を軸に点検を進める-代表・工藤と政治学者3氏が日本の民主統治の強化のための論点を整理
  5. 日本でも「代表制民主主義を機能させる改革」 に取り組む必要性で一致

言論NPOは多くの方のご支援や協力に支えられています

カテゴリー一覧

ソーシャルでつながる

言論ブックショップ

未来選択:マニフェスト評価専門サイト

東京-北京フォーラム公式サイト

エクセレントNPO


ページトップに戻る