言論外交の挑戦

北東アジアに平和的な環境をつくりだす

 北東アジアの平和環境はいまだ、流動的であり、不安感を深めています。北朝鮮の非核化を巡り、昨年、米国と北朝鮮の歴史的な首脳会談が行われましたが、今年2月の第二回目の首脳会談では協議が決裂し、共同宣言も出せない事態に追い込まれています。この地域の平和が不安定なのは、この地域に米国や日本、そして、中国を取り込んだ危機管理の仕組みや対話のメカニズム自体、存在していないからです。
 存在するのは、日米同盟を中核とした米国をハブとした仕組みであり、それが台頭する中国と対峙しているのです。 この地域に、まさに平和の仕組みをつくろうというのが、私たち言論NPOの言論外交の挑戦なのです。そして、その作業が今、本格的に動き出そうとしています。 私たちは、14年前に立ち上げ、一度も中断することもなく毎年対話を続ける「東京北京フォーラム」の場で昨年、北東アジアでは不戦、反覇権を軸に平和のための作業を始めることを、合意しました。
 私たちが協働する米国の多くのシンクタンクともこの地域の平和に向けた協議を始めています。 そして、2019年の1月、ついに日米中韓の4か国で、この地域の多国間協議の場を作るための準備会議が始まったのです。 この平和のために私たちが行うのは土台作りです。この地域に平和を作るため、関係する多くの国の人が参加し、公開の場で協議し、そして平和を実現するための様々な提案を行います。 強い外交とは多くの市民の理解に支えられる外交です。そのためにも、この地域に平和のための世論をより大きなものにしなくてはなりません。それこそが、私たちが目指す言論外交なのです。
 この地域に平和をつくるための議論や、調査、対話の詳細はここで公開します。

→言論NPOに参加する

ただ今、言論中

言論NPOは「アジア平和会議」を創設し、
日米中韓4カ国で東京コンセンサスを合意しました

 言論NPOは1月21日、日米中韓の4カ国からなる「アジア平和会議」を創設しました。
 今回の会議では、北東アジアに多くのホットスポットがある中、安全保障に関する信頼醸成の仕組みや多国間の協議の枠組みすら存在しないことへの懸念を共有。その上で、この会議が、北東アジア危機管理メカニズムの向上、そして紛争解決や将来の安定的な平和の枠組みに向けて作業を開始することで合意しました。
             ⇒工藤挨拶 /  ⇒アジア平和会議創設のコンセンサス

北東アジアの平和を脅かす10のリスク(2020版)を公表
~北東アジアの平和を脅かすリスクは「北朝鮮問題」~

言論NPOは「アジア平和会議」創設に合わせて、北東アジアの平和を脅かす10のリスクに関する評価結果を公表しました。
 その結果、この地域の平和を脅かす最も高いリスクとして「米朝非核化交渉の決裂と、核保有国・北朝鮮の行動」がトップとなり、以下、「米中間の通商やデジタル覇権をめぐる対立の展開」「米国大統領選の行方」が続きました。 ⇒こちら

「アジア平和会議」創設を記念して、フォーラムを開催しました

 言論NPOは1月21日の「アジア平和会議」の創設に合わせて、日米中韓4カ国から17氏が参加し、「北東アジアに持続的な平和をどう実現すべきか」と題して公開フォーラムを開催しました。
【非公開会議】アジア平和会議自体が信頼醸成の舞台となる
【セッション1】北東アジアにはどのような危機が迫っているのか
【セッション2】北東アジアに持続的で安定的な秩序をどのように実現するのか

日米両国から14氏が参加し、「日米対話」を開催しました

 言論NPOは1月21日の「アジア平和会議」創設を前にした20日、日米両国から14氏が参加し「日米対話」を開催しました。
 今回の議論では、北東アジアの将来のために、日米同盟は不可欠であること、その上で、今後同盟を深めていくための課題を再確認できるなど、白熱した議論が繰り広げられました。
【非公開会議】ホットスポットを抱える北東アジアで、多国間の危機管理や事故防止を強化することが急務
【セッション1】新たな日米連携の軸は、安保条約2条でも掲げられた「自由秩序」の維持・発展
【セッション2】北東アジアの平和実現に日米はどう協力すべきか
 

言論外交の挑戦の最新記事

2020/01/22 [ アジア平和会議第1回アジア平和会議 ]

アジア平和会議自体が信頼醸成の舞台となる
~「アジア平和会議」創設会議 報告~

 言論NPOは2020年1月21日、構造的に不安定な北東アジア地域に平和秩序を...


過去の記事一覧

カテゴリー別に記事を読む

初めての方へ

「言論外交の挑戦」の考え方、活動例

言論NPOは、不安定な状況が続く東アジア地域の紛争を回避し、また国民相互の信頼関係を生み出すため、多くの人が当事者として課題を共有し、その解決に乗り出し、世論を動かす「新しい外交」に取り組んでいます。私たちはこれを「言論外交」と呼んでいます。

政府間外交が十分な機能を発揮しないなかで、言論NPOは、中国や韓国との間で民間レベルでの二国間対話を毎年実施するとともに、米国などを巻き込んだ多国間の民間対話を実現しています。

アクセスランキング

  1. 政治家を自分たちの「代表だと思わない」との回答が「代表だと思う」を上回る等、国民の政治不信が顕著で、特に若い層にその傾向が高まっている
  2. 言論NPOは、なぜ今、民主主義の議論に取り組むのか
  3. 日本は政治と有権者とのつながりを再構築するため、さらなる政治改革を始めるべき局面
  4. 目指すべき日本の代表制民主主義の姿を明らかにし、「正統性」と「実効性」を軸に点検を進める-代表・工藤と政治学者3氏が日本の民主統治の強化のための論点を整理
  5. 日本でも「代表制民主主義を機能させる改革」 に取り組む必要性で一致

言論NPOは多くの方のご支援や協力に支えられています

カテゴリー一覧

ソーシャルでつながる

言論ブックショップ

未来選択:マニフェスト評価専門サイト

東京-北京フォーラム公式サイト

エクセレントNPO


ページトップに戻る