言論NPOとは

活動内容

このエントリーをはてなブックマークに追加

5-title.jpg

 フォーラム・各種会議、ウェブサイトでの記事や動画(言論スタジオ)配信、活字(単行本、言論ブックレット)の三つを連動させ、質の高い参加型の議論を行い、発信しています。

5-img-1.jpg

強い民主主義をつくるための「四つの言論」

5-marker-2.png 日本の将来を提言する

160511_11.jpg 財政破綻の回避や急速な少子高齢化への対応といった日本が直面する課題に対して、今の政治は本質的な解決策から逃げている状況です。言論NPOは、政治家を選ぶ有権者の側が、この国の未来に対する当事者意識を備えなければいけないという考えのもと、政権や政党の政策が課題に向かい合うものになっているかどうかを定期的に評価し、有権者に判断材料を提供しています。  また、日本の将来像を見据えた政策を有権者の立場に立って議論し、政治に提案する取り組みの実現を目指しています。

5-marker-2.png 日本の民主主義を立て直す

 言論NPOは、日本の民主主義を機能させるため、政治の仕組みやメディアが抱える問題点を議論し、解決策を模索していきます。同時に、こうした課題に関して市民一人ひとりが学び、考え、国民的な議論が巻き起こるような仕組みづくりを目指しています。  また、日本の非営利組織が市民とのつながりを強化して、課題解決に自発的に取り組む市民の受け皿となることを目指し、体系的な基準のもとに優れたNPOを表彰する取り組みを行っています。

5-marker-3.png 言論外交の挑戦

 言論NPOは、不安定な状況が続く東アジア地域の紛争を回避し、また国民相互の信頼関係を生み出すため、多くの人が当事者として課題を共有し、その解決に乗り出し、世論を動かす「新しい外交」に取り組んでいます。私たちはこれを「言論外交」と呼んでいます。  政府間外交が十分な機能を発揮しないなかで、言論NPOは、中国や韓国との間で民間レベルでの二国間対話を毎年実施するとともに、米国などを巻き込んだ多国間の民間対話を実現しています。

5-marker-4.png 世界の課題に挑む

 言論NPOは、世界各国が共有するグローバルな課題の解決に向け、世界の主要シンクタンクによる国際会議に参加して議論を行っています。こうしたネットワークを活用し、日本国内においても有識者と連携した議論形成を目指すと同時に、議論の内容を英語で公開し、日本の多様な意見を世界に発信しています。2017年には、国際シンポジウム「東京会議」を開催し、世界のシンクタンクと地球規模課題について議論を行いました。



活動履歴

 言論NPOは2001年(平成13年)に活動をスタートしました。これまでの主な活動・実績については、こちらをご覧下さい。



活動報告・事業計画

* 平成27年度活動報告 * 平成28年度事業計画
* 平成26年度活動報告 * 平成27年度事業計画
* 平成25年度活動報告 * 平成26年度事業計画
* 平成24年度活動報告 * 平成25年度事業計画
* 平成23年度活動報告 * 平成24年度事業計画
* 平成22年度活動報告 * 平成23年度事業計画
* 平成21年度活動報告 * 平成22年度事業計画
* 平成20年度活動報告 * 平成21年度事業計画
* 平成19年度活動報告 * 平成20年度事業計画
* 平成18年度活動報告 * 平成19年度事業計画
* 平成17年度活動報告 * 平成18年度事業計画
* 平成16年度活動報告
* 平成15年度活動報告
* 平成14年度活動報告
* 平成13年度活動報告
このエントリーをはてなブックマークに追加

言論NPOの活動は、皆様の参加・支援によって成り立っています。

寄付をする

ページトップに戻る