民主主義を強くする

アジアの民主主義は生き残れるのか

021年7月1日

 今や東アジアにおいて、民主主義は少数派である。今年の2月に発表されたエコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)の「民主主義指数」では、東アジアの国々で完全な民主主義(Full democracies)と言える国は、日本と台湾、韓国のみである。(オセアニアを除く)パンデミックによる経済・社会の疲弊、格差問題、過激派の台頭、そして中国の影響力の拡大まで多くの難題を抱え、アジアの民主主義は生き残れるのか。今回は、東アジアの中で民主主義の仕組みをかろうじて維持している、インドネシア、フィリピン、マレーシアの3ヵ国の若手リーダーの意見を聞いた。

市民を強くする

第8回「エクセレントNPO大賞」は「POSSE」が受賞しました

2021年3月29日
座談会

アメリカ大統領選はバイデンで決まったのか

2020年8月10日
その他の記事を見る

カテゴリー

議論・フォーラム

日本の民主主義

先進国の民主主義

アジアの民主主義

世論調査・有識者調査

市民社会