北東アジアに平和をつくる

今年10月に開催予定の「東京-北京フォーラム」をどのような対話にしていくか

2021年6月09日

6月9日に行われた「第17回東京-北京フォーラム」の事前協議終了後、同フォーラムの実行委員長の明石康氏(国立京都国際会館理事長、元国連事務次長)、同副実行委員長の宮本雄二氏(元駐中国大使)、山口廣秀氏(日興リサーチセンター理事長、元日本銀行副総裁)、木寺昌人氏(元駐中国大使)にご参加いただき、今回の事前協議を振り返ると共に、10月に開催する「第17回東京-北京フォーラム」でどのような議論を行うか、語っていただきました。司会は言論NPO代表の工藤が務めました。

第17回 東京-北京フォーラム(2021年)

「第17回東京-北京フォーラム」日中事前協議 報告

2021年6月09日
第17回 東京-北京フォーラム(2021年)

日本だからこそ引き出せる中国の本音を 世界に発信する舞台に

2021年6月09日
その他の記事を見る

カテゴリー

アメリカ大統領選

東京-北京フォーラム

アジア平和会議

日米対話

日韓未来対話

世論調査・有識者調査

アジアの安全保障

日韓問題

日米問題